カラオケ・ナイト情報

バンコクのカラオケクラブの説明

投稿日:2017-02-22 更新日:

 

キャバクラ+お持ち帰り=カラオケ

結論から言っちゃいますが、
バンコクにおけるカラオケクラブとは

キャバクラ+お持ち帰り

これが全てです(^◇^)

スポンサーリンク

336x280 BKK

キャバとカラオケ。その違いは?

日本のキャバクラって
だいたいカラオケシステムが置いてありますよね。
(そこで歌うかどうかは別にして)

バンコクのカラオケクラブも全く同じで、カラオケシステムがあります。
もちろん日本の曲もあるし、現地タイで流行ってる曲もあります。
まぁ、実際はカラオケ目的の人は団体様で、大半の個人旅行のお客さんは、女の子が目当てなワケですが^^;

日本のキャバクラ嬢は、ドレスかスーツを着ています。
カラオケクラブのタイ女性もスーツやコスチュームを着ています。
ということでキャバクラとカラオケクラブはシステムもほぼ一緒です^^

お持ち帰り(ペイバー)

じゃ、キャバクラとの違いはなに?

それは気に入った女の子をそのまま、ホテルまでお持ち帰りできるということ!

この持ち帰る行為を
ペイバー(Pay Bar)と言います。女好きな人は覚えておいてくださいね^^
たまに、
バーファイン(Bar Fine)と言う人もいますが、それはフィリピンにおける類義語ですのでお間違いなきよう^^;

ちょっと待った!
日本のキャバクラでもお持ち帰りできるゼ!
って極少数の勇者もいるでしょうが、それはあくまで閉店後・アフターのお話^^;
少なくとも閉店まで飲んで待つ必要があります。

カラオケクラブは店に入って30分後とか、もっと極端に言っちゃうと手数料さえ払えば、店内で座らず、速攻でお持ち帰りできちゃうシステムなんです。
例えるなら
ディズニーのファストパスみたいなもん(^^)/
ちょっと違うか!?笑

カラオケ店の雰囲気はこんな感じ

カラオケクラブの店内は、こんな感じ。
ここはタニヤのアンアンというお店で、懇意にさせてもらってる場所。

この店のオーナーは日本人で、そのオーナーさんから

「飲み代奢るから、君のブログで宣伝しといてよ!」

と甘い言葉に誘われてゴチになったのでとりあえず書いておきますwww

店内は洋風モダンな感じでキレイ!
っていうかホントの話、ほかの店が汚すぎるじゃわい(汗)

マジでバンコクのカラオケクラブって、
トイレとホールの間がドアで隔たれていないとか、考えられへん!
手洗いば場所に石鹸がないとか、トイレのタイルが水浸しとか考えられへん!
不衛生なんじゃい!!!!

つい感情的になってスンマソン('Д')

まとめ

ということで
キャバクラ+お持ち帰り=カラオケクラブ

ちなみに・・・
カラオケクラブの相場
・1時間飲み放題で、600バーツ
・女の子へのドリンク代1杯、200バーツ
・ペイバー代、600バーツ
・女の子に直接渡すオモテナシ代が、
ショート=2,500バーツ、ロング=3,500バーツ

お店によって多少前後しますが、だいたいこんな感じです。

飲んで、触って、ペイバーして、一戦交わうなら、最低でも4,000バーツは覚悟しないと!
ってことです。

まぁ4,000TB=12,000円くらいでタイ美女の献身的なオモテナシが受けられるんですから、断然コスパが良いことは言うまでもない(^^♪

いや~、女好きにはたまりませんね^^

336x280 BKK

336x280 BKK

-カラオケ・ナイト情報

Copyright© バンコク、タニヤで夜遊び!大人のタイ旅行 , 2020 AllRights Reserved.