カラオケ・ナイト情報

プロンポンの玉揉みマッサージへ行く

投稿日:2017-07-30 更新日:

スポンサーリンク

336x280 BKK

訪タイ、3日目

7:00起床、ホテルで朝食。
マンダリンホテル(マネージドバイセンタポイント)の朝食も飽きてきた。なぜだろ?
ひとつ言えることは、ここの朝食には完熟マンゴーが置いてないこと。
前回宿泊した222シーロムでは置いてあったんだけどネ。
スイカ、メロン、オレンジ・・・並んでるフルーツはどれも日本で食べるほうが美味しいなぁ(´・ω・`)
クイティアオ(牛骨スープの米粉麺ラーメン)に唐辛子の酢漬けをトッピングして2杯いただく。
アロイ マーク!(とても美味しい)

その後、13:00までお仕事。仕事のしすぎ( ウソ)で体がダルくなったので、オイルマッサージに行くことを決意するwww

プロンポン駅に行く

そういえばトンロー駅周辺でスーパーマッサージ、通称、玉揉みマッサージがあると聞いていた。良く調べてみるとトンローではなく隣り駅のプロンポン駅でした。しかも昼間は女子大生のアルバイト嬢が多数いるとのウワサ(*'▽')
ということでいつも通りホテルの待合いタクシーを無視して、道でタクシーを拾いプロンポン駅に向かう。
タクシー運転手との運賃交渉も板についてきた。
「チャイ、ミーター。プロンポン・ステーション!」
かわした言葉はこれだけ。
タニヤ周辺からプロンポン駅まで25分、80バーツで到着!運賃もルートもごまかされなかった。こういう真面目なタクシー運転手にこそチップを渡すべき!100バーツ渡して下車。
スクンビットのすぐ近くの場所なので、高層ビルと高級コンドミニアムが立ち並ぶ大都会ですね。

オーキッドマッサージは最悪の接客

プロンポン駅の南側が玉揉みマッサージの密集地帯。とりあえずWebの紹介記事で良く出てくる有名店「オーキッドマッサージ」へ14:00に潜入!

受付のオバサンにオンナの子を紹介してもらうが、カタログの写真しか見せてくれない。顔見せしてくれ!と頼むが、それはできないと言う。そういうシステムらしい・・・。
14:00現在、出勤は5人のみ。女子大生とハアハアしたかったのだが、カタログ写真に好みの娘がいたので、料金2,000バーツを払い、その子をオーダーして2Fの小部屋に移動する。

しばらくするとコンニチハ~という声。
あ~どーも!(/・ω・)/えっ?
なんともゴリラ顔の娘が立ってるではないですか!
カタログの写真とあまりにも違い過ぎるので、速攻でフロントに抗議にいく!
僕のえらい剣幕にビビったのか受付のオバサンがなだめるように
「チェンジ、タダOK」
と言って今度は待ち合いルームに案内してくれた。女の子5人ほどいたがどれもブスばかり。
てか、さっき
カタログのみ!
って言ってたよね・・・
ホントは実物の女の子、顔見せできるじゃん(-_-メ)
返金してもらいそそくさと退散する。

夜に来たら、それなりに美女が待機しているのかもしれないが昼間の時間帯とは言え、この接客はバカにしている。
「詐欺写メでも、お客を部屋に上げちまえばこっちのもん!」
みたいな考えは大嫌いだ!ウワサ話に釣られてオーキッドマッサージに来たい人は、少なくとも顔見せの交渉をしっかりやってほしい。さもなくば、とんだ泣き寝入りにあう可能性アリです。

アディクトマッサージは昼間から粒揃いの美女

テンションダダ下がりでプロンポン界隈をパトロール。今日は歩いているだけで汗だくになるほど蒸し暑い。
セブンイレブンで10バーツのエナジードリンクを飲み干す。
相変わらず、タイはエナジードリンクが安すぎる。日本でレッドブルやモンスター飲むのが馬鹿らしくなりますよ。
さてエキスが効いてきたのか(笑)性欲という名のテンションが盛り返してきたwww。

パトロールした結果この界隈で1件だけ清潔感と女の子の呼び込みが多い店を発見(15:00現在)
店名はアディクトマッサージ。
紫色のタイカラーというべきスーツを身に纏い実にセクシーだ!マッサージ屋なのに呼び込みがスーツ着ているのはご愛敬('▽')

場所はこの小路辺り。

店内に入って女の子の顔見せを希望すると、お昼どきなのに20名以上出勤してました。女子大生らしき娘はいないものの、女の子は粒ぞろい^^好みの娘をオーダーし2Fの小部屋にGo。実物を見て指名するのは基本中の基本だなぁー!としみじみ感じました(笑)
コースは玉揉みローションマッサージ(本番ナシ)60分で料金2,300バーツ。
もちろんコンニチハ!と現れたのはさっき指名した美女、27歳です(^^♪

さてさてウワサで聞いた極上の玉揉みマッサージとは、これいかに!
なんて思っていたら最初は仰向けで上半を普通のマッサージ。だんだん下がりながらやがて核心の部分に。

ところが・・・玉揉みマッサージは期待したほど気持ちよくない。いたって普通(´・ω・`)なんかタダの手遊びですわ。

期待はずれ感ハンパないなぁと思っていたら嬉しい誤算!
その娘、おもむろにゴムをハメて馬乗りになって腰をグラインド(*´з`)
本番ナシのコースなのにマクロスしちゃいました(笑)

コースを勘違いしたのか?
それとも僕の愚息を見てコーフンしたのか?
たぶん前者だろうけど、そのまま5分ほど堪能。上でアフンアフン言ってましたwww
その後、ノーマクロスコースだよ!と教えてあげると照れながらソーリー!と言って馬乗りをストップ(笑)
玉揉みマッサージに戻ったけど、第一印象通りそんなに気持ちよくないので、普通のオイルマッサージをしてもらい終了。
もちろん割増し料金もなかった。

プロンポンの玉揉みマッサージ屋の感想

結果的にアディクトマッサージでの玉揉みは満足度で言うといまひとつ!女の子が勘違いしてマクロスできたのは良かったが(笑)、これはレアなケースだと思う。
過大な期待をするより考え方を変えて、セクシー美女がオイルマッサージをしてくれる店に2,300バーツ支払ったと考えれば満足度は高いと思う。
普通のマッサージ屋でオイルマッサージコース60分+ハンドジョブのチップ代、合計1,000バーツ払っている僕の考えとしては、さらにセクシー美女代が上乗せされて合計2,300バーツの価格なら、これはアリだと思う。

プロンポンからの帰り道

朝メシ食べた後、何も食べてないので付近の屋台でタコ焼きを食べた。大きなタコ焼き4個で80バーツ。
食べてみたら中にタコが入っていないのが2個。これは小麦粉焼きと名前を変えたほうが良いだろう(-_-;)
食感も冷凍タコ焼きの部類でオススメできません(笑)

タニヤで打ち合わせがあるので16:30にタクシーを拾う。運転手にタニヤと言ってもわからなかったので、
「チャイ、ミーター、シーロムステーション」
と言って乗り込む。こういえば誰でもわかるから!
まだ道路が混む前の時間帯だと思ったが、予想がハズレて大渋滞。1時間以上かけてタニヤに到着。料金150バーツ。

打ち合わせ後、いつものタニヤ・パッポン界隈をパトロールし、ホテルに帰着。
本日はマッサージ嬢の勘違いでマクロスできたのでOK!
深夜1時にご就寝zzz。

336x280 BKK

336x280 BKK

-カラオケ・ナイト情報

Copyright© バンコク、タニヤで夜遊び!大人のタイ旅行 , 2019 AllRights Reserved.