役立つ情報 飲食店

タニヤ近隣コーヒーショップ、お勧め3選!

投稿日:2017-04-05 更新日:

スポンサーリンク

336x280 BKK

タイのコーヒーは不味い!が常識

日本のコーヒー党の皆さん。先に言っておきますがタイのコーヒーは不味いです^^;
たとえばコンビニの缶コーヒーなんて10バーツ(30円くらい)ですが、甘すぎるし香りもコクもない。
しかもブラックを買ったのに、なぜかシュガーが入り。

詐欺かよっ(-_-メ)

と怒りたくなりますが、緑茶(お~いお茶のペットボトル)買っても甘いのがデフォの国ですから、タイ国民の味覚に文句を言っても仕方がない・・・トホホ!

レストランでコーヒーを頼む

レストランなら大丈夫かと思ってアイスコーヒー、ブラックで!
と頼んでみたら、やっぱり甘かった(+o+)
ノンシュガー、ノーミルクってオーダーしないと純粋なブラックコーヒーが飲めないことにカルチャーショックを受ける。
店員どついたろか!って思ったのは僕だけではないはず^^;

スターバックスはテッパンだが

バンコクには無数のスターバックスがありますが、なぜ流行ってるのか理解できる!
だってブラック頼んだから普通にブラックコーヒーが出てくるもん(笑)
店内ではWi-Fi電波も飛んでるし、涼しいし、気の利いた軽食もあるし。
休憩するには持ってこいだわ。客層はファラン中心。
こういうのテッパンって言うんだろね。

もちろんタニヤ周辺にもスタバがあるんだけれど、バンコクでスタバに行くと
安パイに逃げた感!がありまして^^;
あまのじゃくな男なのです(-ω-)
ってことでようやく本題。

タニヤ近隣コーヒーショップ、お勧め3選!

名もなきカフェ(カラオケ夢の隣り)

第1位はタニヤのど真ん中にある名もなきカフェ(笑)
このカフェ、知り合いのカラオケアンアン(真向いのビル)のママさんに聞いても、店の名前がわからないと言う・・・^^;
しかも昼のみ営業で夜は閉店しているので、店の存在自体わからない人多し!
でもブラック頼むと日本人の好みを熟知しているのか、余計ないモノ(ミルクとシュガー)は入れずに、美味しいアイスコーヒーを量多めで入れてくれる。

お値段、確か50バーツ。
場所はカラオケ夢の隣り、タニヤストリートに面しているからわかりやすいハズなんだけれど、営業時間が10時~17時と短いのが難点。看板はないが緑のパラソル出して営業中(^^♪
隠れキャラみたいなカフェです(笑)

ブンフェカフェ(Bunfe Coffee)

第2位はスリウォン通り沿い、ホテルデアーニの真向いにあるブンフェカフェ。ここはホテルデアーニに宿泊したとき、毎日お世話になる店です。
普通にアイスコーヒーを頼んだら、シュガーとミルクを入れるかどうか聞いてくれる気遣いが嬉しい♪
ちなみにアメリカーナという名前のコーヒーをオーダーすると、まんまブラックが出てきます。
寝起きの1杯にコレを飲むと、朝から暑苦しいタイでもさわやかに過ごせます。

お値段、確か75バーツ。
この店はホテルデアーニ、タワナホテル、ルメリディアンという日本人やファランが使うホテルが近くだから、こんな強気の値付けなんだと思う。

スタバより安いし、店は混んでないし、ゆったり寛げる。店内が涼しすぎないのも◎

サリカフェ(Sarika Bar & Restaurant)

第3位は同じくスリウォン通り沿い、サリカフェです。
Sarika Cafeとも書いてあるからサリカカフェが正式名称なんだろうけど、お店のカタナカ表記は(カ)が一文字削除されてサリカフェ!と書いてあります(笑)
昼時はカフェ、夕方からレストランということで、厳密にはコーヒー専門店ではないのですが、ブンフェカフェ同様、この辺のホテルを利用する客層を熟知しており、アイスコーヒーをオーダーすれば、ブラックのアイスコーヒーとシュガーとミルクを”分別”して持ってきてくれます(笑)
味もおいしい♪


お値段、確か80バーツ。

ちなみにこの店、夜になるとタニヤのカラオケ嬢やパッポンのゴーゴー嬢をペイバーしたお客さんが、女の子と一緒にゴハン食べてます。
ここはディナーもお手頃価格だし、デッキで飲み食いできるのもバンコク風情があってGoodです。

タニヤ近隣のコーヒーショップまとめ

タニヤ近隣のコーヒーショップ、ベスト3は
タニヤストリートの名も無きカフェ、
スリウォン通りのブンフェカフェ
同じくスリウォン通りのサリカフェ
でした!

336x280 BKK

336x280 BKK

-役立つ情報, 飲食店

Copyright© バンコク、タニヤで夜遊び!大人のタイ旅行 , 2020 AllRights Reserved.